Feed Rss



顔脱毛の前日、何に気をつけたらいいの?

顔脱毛前のチェック項目とは

顔脱毛の時には、なるだけ綺麗な仕上がりを求める人もいますね。このため、当日や前日にスキンケアをしたり、何らかの処理が必要な場合もあります。
このため、まずはその脱毛サロンごとのルールを知りましょう。事前に処理をしていないと脱毛できないとしているサロンの場合、脱毛は必ず毛を剃っておきましょう。この時、基本的に処理の時には傷や剃りすぎを防ぐようにし、傷などを作らないようにしておきましょう。
また、顔脱毛の前には肌荒れを作らないため、普段のスキンケアを行っておきましょう。メイクはクレンジングで落とし、洗顔とスキンケアは欠かさないようにします。というのも、脱毛は皮膚にダメージを与えることもありますので、しっかりスキンケアをしておきましょう。
一方、スペシャルケアとなるピーリングや過剰な保湿は避けたほうがいい場合もあります。というのも、ピーリングで肌表面の角質を薄く削りとり綺麗にするのはとても良いことなのですが、脱毛前の処理で角質をある程度落としてしまうので、更に角質を剃りすぎたりするのは避けたほうがいいこともあるでしょう。肌の状態をチェックしながら、それぞれの状態で考えるようにしましょう。

顔脱毛前日にやってはいけないこと

また、顔脱毛前日にはやらないほうがいいこともあります。
まずは過剰な日焼けです。日焼けしすぎていると、顔のケアができないこともあります。また、肌に強いダメージを与えることになりますので、脱毛前には必ずケアをしておき、日焼けはしないようにしましょう。
もう一つは飲酒です。お酒は体力を大きく損ねますし肌質を悪くします。このため、飲酒は避けるようにし、体力を消耗しないようにしましょう。
また、毛を抜く処理もNGです。毛を抜くのは毛根に毛を残さないため、脱毛の効果をなくしてしまうのです。その時は肌が綺麗になるかもしれませんが、脱毛の時にはNGです。
ちなみに、顔の状態をよくチェックしてから行ったほうがいいでしょう。というのも、顔にヘルペスがあったり肌荒れがあると、その箇所は脱毛ができないことも多いのです。脱毛処理をしっかり行う場合は特に肌の状態は重視されますので、肌の状態が整っていないのなら、その部位はできないことが多いのです。
このため、前日の処理の時には肌荒れが起きにくく肌に負担が起きにくい、抜くか切るという方法にしましょう。他の脱毛方法を行わないようにし、できるだけ綺麗なお肌で脱毛できるように整わせます